Line中毒者げんぞーが今回も色々適当におもしろい事書いていきます。

ネット中毒&依存症について line中毒者が語る

公開日:  最終更新日:2014/05/06

image

どーも。
line中毒のげんぞー君ですww

1日3時間くらいはlineしてますww

ま、line無かった時から
ネット中毒者であったんすけどw

そんな僕が、
今回はネット中毒及びネット依存症について症状とかについて書いていきます。

【スポンサードリンク】

ネット依存症について

一般的な視点

ネット依存症とは、常にインターネットで過ごしていたい、無意識のうちにインターネットに接続している、なにをするでもなくインターネットをしているといった状態のこと。

これはアルコール依存症にも共通していますが、絶とうとしても自分をコントロールできない状態に陥ってしまうことを指します

インターネットの普及しはじめ、今や小学生でさえパソコンや携帯でインターネットを自由自在に利用してしまえる時代となりました。

インターネットの魅力は、手軽に素早く情報が入ることだけでなく、チャットやSNSなど、インターネットをしていなければ知り合えない可能性が圧倒的に高い人物と交流ができ、友人となれることやオンラインゲームなど遊びのツールが豊富にあることです。また、YOUTUBEやニコニコ動画といった動画サイトも多くあり、それらの普及は若者のテレビ離れの原因のひとつと言われています。

ネット依存症の怖いところは、まず、人に会わなくなることです。
ネット世界で人と交流したり自分のすきなことに時間を割く方が楽しいと考え、ついには外へ一歩も出ない、生身の人と会話をしない、などという事態に発展してしまいます。

また、現実世界とネット世界の区別がつかなくなる、ネット上で蔓延しているデマを簡単に信じる、常識やモラル、マナーが失われるなど、非常に危険性をはらんでいます。

ツイッターや2ちゃんなど、現実の自分とは違うキャラを演じることができる場所では、匿名であることから誹謗中傷が絶えず、現実ではいじめだ名誉棄損だと騒がれることであっても、平気で行っている人がおり、それに便乗する人たちも出てきてしまいます。

特に若者は自己顕示欲・承認欲が強く、現実世界では相手にされないが、バーチャルなネット世界では相手にされることを喜び、次々とネット依存症になってしまいます。

げんぞー君視点

暇ならすぐスマホでline開いたりしてしまう。
それで無駄な時間がダラダラ経ってて気が付けば2時間も時間たってる!って事もある。

さすがにでもネットと現実の区別はついている。
それができないのはもっと重度な人かと思われる。

自分はネット依存症だと自覚がない。

テレビ見るよりもネットの方が情報入るしおもしろい。

たのしい時間の潰し方、
否、
他にどうやって時間を潰すのか分からない。

ネット依存症の症状

wikiより

12か月のうちに、以下の3つないしそれ以上の臨床的に重篤な障害や苦痛に至る、インターネットの利用における不適応のパターンが見られること。

以下のいずれかで定義される耐性。
満足感を得るために、インターネットに非常に長い時間ふれている必要がある。
インターネットにふれる時間が同じである状況が続けば、影響が極端に減少する。

以下のAまたはBによって明らかになる禁断症状。
(A)以下の1~3のような特徴的な禁断症状。
大きく長期間にわたるインターネットの使用の中止または縮小。
以下のうち2つまたはそれ以上の現象が、インターネットの中止から数日~1か月後以内に発生する。
(a)精神運動性の動揺。
(b)不安。
(c)インターネット上で起こっていることについての強迫観念的な考え。
(d)インターネットについての空想または夢。
(e)自発的または無意識に起こる、指のタイピングの動き。
(B)インターネットまたは類似したオンラインサービスを利用することで、禁断症状が軽減するかなくなる。

意図したより長い時間、インターネットにアクセスしている。

インターネットの使用を減らすか制限しようとする欲求や努力はするが、うまくいかない。

非常に多くの時間をインターネットに関連した活動(たとえば、インターネット関連の書籍を購入したり、新しいWebブラウザを試してみたり、ベンダーの調査を行ったり、ダウンロードしたファイルを分析したりする)に費やす。

インターネットの使用のために、家族、社会、職業、あるいはレクリエーションの重要な活動の期間や頻度が減少する。

持続的、あるいは再発する、身体、家族、職業、精神の問題が引き起こされる(たとえば、睡眠不足、結婚が困難になること、早朝の約束への遅刻、職業上の任務の放棄、あるいは重要な他者を放棄する感情)のを知っているにもかかわらず、インターネットの使用を継続している。

俺的症状

この世のニュースに興味がなくなる。
むしろ、何にも興味がなくなる。

睡眠が浅くなる。(ノンレム睡眠時間長い)

コミュニケーション能力の低下。(昔は結構明るい天然でしたわ)

情報の過多により軽い記憶障害が頻繁に起こる。
(情報と情報が変に混ざって記憶されてたり、そもそも忘れてしまったり)

猫背になる。(ほんまこれはあるある)

身体能力の低下。(運動せんくなるから当然っちゃ当然)

一人の時間が極端に増える。(ほんとこれだわな)

ネットで書かれた情報を鵜呑みにしてしまう。(最近では大丈夫になってきたが、自分で考えるって事をしてなかった)

ざっとこんなもんですかねー

みんなはネットほどほどになww

楽しいかも知らんが、
若い内から変にネットを利用すべきでは無いと思う。

以上、
line中毒者げんぞーでしたww

まとめ
ネットは時間と目的を決めてやろう!
ネットの情報は鵜呑みにせず一つの意見として捉えよう!
ネットでは少し考えてから発言しよう!

自分に言い聞かせるのも兼ねてここに記録(*´ω`*)

この記事を広めて下さると気力UPします

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

よろしければフォローお願いします

ほとんど呟きませんがww
最新記事や思った事など配信してます。

コメントを残す

PAGE TOP ↑